基本構造・仕様

HOME > 新築住宅のご案内 基本構造・仕様

在来軸組工法

在来軸組工法

ハタケンでは日本で最も多く用いられている木造軸組工法で家を建てます。
主に角材を使って柱と梁を組み上げて家の骨格を形作り、さらに筋交いや金具で構造の強度を増します。
木は鉄に比べ、重さあたりの引っ張り強度で約3倍、曲げ強度で16倍もの強さがあります。地震の振動エネルギーは建物の重さに比例して大きくなるので、軽さ、強度で優る木の柱と梁で骨格を作り上げた在来軸組工法は台風などの横風にも強く、地震の際も揺れを吸収して倒壊しにくいので、日本に最も適した住宅といえます。

そして、この工法の一番の強みは、2×4工法(木造枠組壁工法)のように壁や床で支える構造ではないので、壁の配置に制約が少なく、大きな開口部をつくることができ、通風や採光に優れた間取りを自由にアレンジすることができます。また、増改築が容易で将来の家族構成の変化に伴う間取りの変更をしやすい工法といえます。

地盤調査の実施

地番調査の実施

ハタケンでは建築をするにあたって、建築地の地盤の状態がどうなのかを調べるため、地盤調査を実施しています。
最も広く行われている調査方法であるスウェーデン式サウンディング試験を行い、地盤の硬さや建築地の地盤強度のばらつきを調べます。
軟弱地盤であったり、地盤の硬さにばらつきがある場合は、建物が不均一に沈み込む「不同沈下」が発生しないよう、調査報告書に基づき、適切な地盤改良工事をご提案します。