介護リフォーム助成金について

HOME > 介護リフォーム助成金について

福島市の高齢者住宅改修助成事業

福島市の高齢者住宅改修助成事業高齢者の方々が快適で安全な在宅生活が送れるよう、住宅改修に対し工事費の助成金制度が設けられています。ハタケンは福島市の受領委任取扱事業者となっておりますので、この介護リフォームの施工も数多く手掛けています。助成金を使ってリフォームをお考えの方はお気軽に当社へご相談下さい。助成金の手続き等お手伝いさせていただきます。

要介護認定を受けていない方

助成金交付の条件
  1. ①福島市内に住所のある65歳以上である
  2. ②本人及び世帯全員が市民税 非課税である
  3. ③市税の滞納がない
  4. ④同じ住所に(共同住宅を除く)介護保険の給付対象者がいない
助 成 額

改修工事における合計金額の「 9/10 」。
ただし千円未満の端数は切り捨てとし、 18万円が限度額となります。

対象となる工事内容

利用できる方が、家の中でよく使う箇所を改修することにより、体の状態が悪くならないようにする以下の工事となります。ただし、増築や新築に伴う場合や、劣化に伴う工事、既に着工している(終了している)工事も対象とはなりませんので、ご留意ください。着工前に事前審査が必要です。

(1) 手すり等の取り付け ◎ 手すりを設置する工事
◎ 手すりを設置するために壁の下地を補強工事する工事
(2) 段差等の解消 出入口の段差を解消する工事 ・玄関や部屋の出入口にスロープを設置する工事 ・敷居を撤去する工事 ・床を上げる工事 階段の勾配を緩やかにする工事
(3) 床材等の変更 ◎ 床やタイルを滑りにくする工事
◎ 上記工事に伴う下地や根太を補強する工事
◎ 階段に滑り止めを行う工事
(4) 開き戸を引き戸へ取り替える 開き戸を引き戸、折れ戸等に取り替える工事
上記の付帯工事
(5) 便器等の取り替え 洋式便器の費用
洋式便器の設置費用
和式便器の撤去費用
水洗の和式から洋に変更する際、配水管の長さや位置を変える工事費用
(6) その他 対象工事に係る人的費用
全体に係る諸経費等

介護保険における要介護認定を受けている方

助成金の対象者

市民税非課税の方で、生計中心者の前年中(1月から6月までにあっては前々年。)の合計所得が別表1の所得制限限度額未満の方で順次

  1. 介護保険で要介護(要支援を含む)の認定を受けた方
  2. 下肢、体幹、運動機能障害の障害程度3等級以上の方(学齢児以上)
別表1
扶養親族の数 0人 1人 2人 3人 4人 5人 1人増毎に
所得額(千円) 3,010円 3,010円 3,010円 3,010円 3,010円 3,010円 3,010円
助成金交付の申請について

<申請の際の連絡先>

介護保険制度をご利用の方 ⇒ 担当のケアマネージャーにご相談下さい。

障がい福祉制度ご利用の方 ⇒ 障がい福祉課 自立支援係にご相談下さい。

対象となる工事内容
(1) 手すり等の取り付け 玄関、廊下、階段、浴室、洗面所、トイレなど
手すりを設置するための壁の下地を補強する工事も含まれます
(2) 段差等の解消 敷居や引き戸レールの段差の撤去
玄関や浴室などの出入口にスロープを設置する工事
(3) 滑り防止及び移動の円滑化のための床材等の変更 階段に滑り止めをつける
車椅子利用のため畳床からフローリングに変更する
(4) 出入り口の変更 開き戸を引き戸、折れ戸に取り替える工事
間口幅を広げるための工事
(5) 昇降機の設置 昇降機を設置する工事とそれに伴う必要工事
(6) 便器等の取り替え 和式便器を洋式便器に取り替える工事
便器の取り替えに伴う必要工事
(7) 浴槽等の取り替え 足下灯を設置する工事
洗面台、調理を膝入れスペーのある型式に変更す工事
合弁水道栓にする工事
スイッチ等を手の届く位置に変更する工事
スペースを広げる工事
有効幅員を広げる工事
その他市長が必要と認める工事
助 成 額

上記工事の合計金額から20万円を引いた残額の 1/2
(ただし千円未満の端数は切り捨てとし、20万円を限度とする)